美白美容液HAKUで色素沈着のニキビ跡ケアができるのか!?

haku特製サイズ

HAKUは、美白シリーズの化粧品として人気ですが、その中でも美白美容液HAKUメラノフォーカス3Dは一番の人気です。雑誌のベストコスメ賞や、美白対策などのランキングでも1位を受賞しています。このHAKU美容液は、色素沈着したニキビ跡にも有効という口コミがあるのでご紹介したいと思います

ニキビ跡がなぜ茶色く色素沈着するの?

nikibisyasinニキビができても、肌の細胞の生まれ変わりであるターンオーバーが正常であれば、細胞を修復して肌はもとに戻ります。しかし、年齢や肌状態、スキンケアの仕方などでターンオーバーが遅れたり乱れることで、傷ついた肌を修復しにくくなります。ニキビができると、肌を守るためにメラニン色素がふえます。これは正常の働きですが、ターンオーバーが乱れていると、メラニン色素がうまく排出されずに肌内部にのこったままになります。その結果、茶色く色素沈着してしまうのです。

メラニン色素を排出させることが大事

ニキビ跡をケアしようと思うのであれば、色素沈着する仕組みからわかる通り、メラニン色素を排出しなければいけません。

メラニン色素を排出してくれる成分が、HAKUメラノフォーカス3D美白美容液に配合されているんです。

資生堂のオリジナル美白有効成分で、厚生労働省の認可を得ているので医薬部外品(薬用)とうたえる化粧品です

4MSKという資生堂が10年以上かけて研究した美白有効成分です。これは、メラニン色素の過剰生成を効果的に抑え、さらに溜まったメラニンを排出する効果もあるんです。つまり、4MSKが配合されていることで、ニキビ跡のケアができるというわけです。

そして、もう1つの美白有効成分がm-トラネキサム酸です。シミや色素沈着の元であるメラニンを生成するメラノサイトの活性を抑制してくれます。これによりメラニンが増えにくくなるので、色素沈着が起こりにくくなります。

HAKUメラノフォーカス3Dには2つの美白成分が浸透しやすい

4mskさきほど書いた美白有効成分の4MSKとm-トラネキサム酸は、2つを組み合わせることで、肌内部への浸透をよくしています。あらゆる方面からメラニンの発生を抑えていき、さらに「アンダーシールダー」というシミの発生を抑制する作用のある成分で、しみや色素沈着の発生場所を断つことができるんです。結果的にメラニン生成が抑制されるのでニキビ跡を防ぐことができます

ニキビ跡ができないようにHAKU美容液を

hakuメラノフォーカス3dニキビは、年齢とともに肌の再生力も弱まりますから跡に残りやすくなります。日頃から、HAKUメラノフォーカス3Dを利用することで、肌に透明感をだし、しみ予防をしながら、不要なメラニンを排出してくれます。ニキビ跡ができにくい肌を作り上げることができます。

HAKU美白美容液の商品レビューはこちらへ<<<

関連記事

baプリズルミナ手の甲に出す

ポーラB.A.セラムプリズルミナの肌色を美しくするルミカンとは?

towakohadaset

十和子肌スターターセットの口コミと効果とは?美白とエイジングケアが同時に

haku特製サイズ

HAKU美白美容液のトライアルの価格とキャンペーンとは?

Coyori美容液オイル3点トライアル

Coyori美容液オイルで肌のくすみが改善!口コミでも効果が評判

ブライトエイジのトライアルセットにコットンプレゼント

ブライトエイジで実感!トラネキサム酸が配合されている効果いかに